浜松市の眼科 静岡県浜松市東区北島町570-2
日帰り白内障手術・日帰り硝子体手術をしております。

浜松市東区の眼科 すあみ眼科/日帰り白内障手術・日帰り硝子体手術 浜松市東区の眼科 すあみ眼科/日帰り白内障手術・日帰り硝子体手術

スタッフブログ

Staff Blog

なぜ左回り?

2012/11/17 すあみ

こんにちは。院長のすあみです。

 

昨日テレビをつけると、WBCの試合が放送されておりました。

 

いつも野球を見ていて思うこと。

バッターとして打席に立ち、ボールを打った後に、間違えて3塁側に走る人っていないんだなぁ~と。

これって、慣れなんでしょうか?

 

そもそも野球は右バッターの方が多いので、反対回りにしてくれれば内野安打も出やすく、見ていて面白いのに…。

まあ、ルールが決まっているので仕方ないでしょう。

 

よく考えると、野球と同じく、陸上やスピードスケートも左回り。

右回りは競馬くらいしか思い当たりません。

なぜ、スポーツでは左回りばかりなのか?

 

調べてみると、これもルールだそうです。

1912年に国際陸上競技連盟が左周りを採用したためです。

理由は、「左手が内側になるように走らなければならない」というものでした。

また左周りを採用する別の理由として、「人間の7割が左脚を軸にして右脚で地面を蹴ることが得意だから」ということもあるようです。

 

ということは、右回りではタイムが落ちるということ?

それって本当?

一度科学的に検証していただきたいものですね。